トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  バウロン(bodhran)  >  バウロン!

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいかわらずドキドキ | トップページへ戻る | いもフライはソウルフード

このページのトップに戻る

バウロン!

2010年09月06日

 8月の初旬に、ずっとほしかったバウロン(bodhran)をとうとう買ってしまいました!

 ※バウロンについてはグレンフィナンさんのページで詳しい説明があります。

 バウロン01

 ティンホイッスルをいつも購入しているグレンフィナンさんで扱っている、アイルランド製のバウロン。The corrsや The Chieftainsの演奏を聴いていて、ティンホイッスルだけではなく、演奏したいなぁとずっと思っていました。まだまだティンホイッスルもへたっぴなのに、「二兎を追う者は一兎をも得ず」という格言が頭にちらつきながらも、「思い立ったら吉日」を優先させました。
 とりあえず、インターネットの海外のサイトのレッスンと、バウロンの教本で練習開始。ビーター(ばち)の持ち方からダウンストローク・アップストローク・リムストローク・トリプレットと少しずつ練習しているのですが、安定した音がなかなかでません。とほほ…。特に、アップストロークの時にビーターのこすれた音をだしてしまうので、ひたすら練習あるのみ。
 1番の問題は「リズム感」というか「アイリッシュ感」。うっかりすると盆踊りの太鼓風になってしまうので、とにかくリズム感を養わねば…。


現在のバウロンの先生は下の写真でにこやかにほほ笑むSteafan先生。なかなかCDのお声が渋くて素敵です。もちろんお会いしたことはありません(笑)。


スポンサーサイト

あいかわらずドキドキ | トップページへ戻る | いもフライはソウルフード

このページのトップに戻る

コメント

バウロン!

こんにちは。upありがとうございます。
とちさんのバウロン、シンプルでいいですねー♪

バウロン、わたしも触らせてもらったことがあるのですが、
打ちながら裏で音の高さを調整したり、奥の深い楽器ですよね。
アイリッシュなリズムをとるのも難しそうです。

でも、これとホイッスルができれば、本格的なアイリッシュですね!
(もちろん、一人で同時にやるのはムリなのがざんねんですが。笑)
「思い立ったら吉日」での練習&ライブ、尊敬しちゃいます。

Steafan先生もすてき~!笑v-238

コメントの編集

No title

コメントありがとうございます♪
やっとストロークができるようになってきましたが、まだ、裏面までコントロールできません(涙)。

そうなんですよね~。ホィッスルとバウロンが同時に演奏できないんですよ~(笑)。練習するものを自分で増やしてしまってアップアップですけど、楽しみながら頑張ります!

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

とち

Author:とち
栃木県生まれで大分県在住。
・5匹の金魚たちの世話
・ティンホイッスルの演奏
・手作りキャンドル(休業中)
・凧揚げ(冬季限定)
・テニス(老体に鞭打って)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。