トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  わらじ -笑路-  >  カフェ・カンタベリーでの初ライブ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できること… | トップページへ戻る | 曲がとっちらかる…、どうしよう…

このページのトップに戻る

カフェ・カンタベリーでの初ライブ

2011年02月06日

 1月15日、大分市内のカフェ・カンタベリーさんで、「竹取の翁PAN」さんとのジョイントライブをしました。都町のカンタループⅡさんのところで演奏をさせていただいていたのですが、お客さんを呼んでのライブは初めてです。 

カフェカンタベリー


 マイクのセッティングと、初お披露目のバックパッカーダルシマーのチューニングなどなど、ライブ開始前からどきどき・ばたばたしてしまい、あっという間に開始時間になってしまいました。
 今日の天気予報は「暴風雪」! 空模様も怪しい中、お客さんも来てくださっていよいよライブ開始。14時スタートで、「わらじ」の持ち時間は45分くらい。

 演奏曲は10曲
  ・Off to California / The Rights of man <D管>
  ・Old hag <D管>
  ・Return from fingal <D管>
  ・I know my love  <ヴォーカル・B♭管>
  ・Over the rainbow  <バウロン>
  ・Londonderry air (Danny boy) <バックパッカーダルシマー>
  ・Norwegian wood <D管>
  ・Little wing <ヴォーカル・D管>
  ・The house of rights / Souter creek <B♭管>
  ・No frontiers <ヴォーカル>

 最初の2曲は緊張してしまい、どきどき感が息に伝わってしまって、ちょっと苦しげな演奏になってしまいました。3曲目の曲紹介も「Lunasa」を「Flook」と言い間違えちゃうし、あせりまくりでした。
 相方のこうさんのギターソロには、ちょこっとバウロンを入れてみました。このころから落ち着いてきたかな?
 そして、初披露のバックパッカーダルシマー! なんとか弾けました…。よかった。これからもっと練習しなくちゃ…。
 The house of right~は、B♭管の音程が少し狂っていて、思うような演奏ができなかったのですが、最後の曲を歌い終わって終了! 

 次は、PANさんたちの演奏。りょうさんのケーナとゆうさんのギター、何度聞いてもいいですね~。さすがです。りょうさんの「ボリビア」トークも会場の雰囲気をなごませてくれました。しばらくして外を見ると雪が降り始めていました。

 
 最後に2曲、ご一緒させていただきました。

PANさんたちとジョイント
・Wittingam fair Scarbogh fair <LowD管・D管・バックパッカーダルシマー>
・竹田の子守唄 <LowD管>

 ライブ後は、バックパッカーダルシマーを初めて見るというお客さんにちょっと説明したり、ティンホイッスルの話をしたりして、アットホームな雰囲気でした。外の雪は激しくなり、車の上にも雪が積もっていました。 

カフェカンタベリー02


 12曲も演奏したのは初めてだったので、正直とても緊張して疲れました…。演奏も余裕を持たせながらしないといけないなぁと反省。
 またしっかり練習して、楽しんでいただける演奏ができるようになりたいです。

 聴きにきてくださった方々、誘ってくださったPANさん、カンタループⅡ&カンタベリーのオーナー渕野ご夫妻、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

できること… | トップページへ戻る | 曲がとっちらかる…、どうしよう…

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

とち

Author:とち
栃木県生まれで大分県在住。
・5匹の金魚たちの世話
・ティンホイッスルの演奏
・手作りキャンドル(休業中)
・凧揚げ(冬季限定)
・テニス(老体に鞭打って)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。